転職サイトおすすめ特集|転職に苦労している方必見

*

 「転職を決意した!」迄は良いのですが、具体的に「どのように進めていけばよいのか?」「効率的な方法は?」「希望企業に入るには?」「労働条件をよくするには?」など、色々考えてしまうものです。ここでは、転職サイト等の仕組について紹介します。また、転職サイトを選択する時に困っている方へおすすめの転職サイトを紹介していますので参考にして下さい。

転職サイトのおすすめはこちら

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
「リクナビNEXT」は、転職のみならず新規学卒の就職サイトとしても有名です。母体も名称からわかるように「リクルート」が運営しており、業界最大の転職サイトです。公開求人もさることながら非公開求人の多さ、レベルの高さでも有名なサイトです。


リクルートエージェント
詳細
★★★★
「リクルートエージェント」は、専任アドバイザーが付き、面談から転職先企業の紹介、面接、入社までの全てを個々人に応じてサポートするシステムになっています。履歴書・職務経歴書のチエック、面接までの細かいフォロー、また、内定した後の様々な交渉は、全てアドバイザーが行います。
利用者の声
良かった
リクルートエージェントは、数ある転職サイトの中でも、取り扱っている求人の質の高さと量の豊富さは断トツだと思う。大手企業の事業戦略に直結していたり、短期間で効率よく採用するための非公開求人の中には、キャリアアップにつながる募集が本当に多い。業界や職種も多岐にわたり、転職のプロが面談を経て紹介してくれる求人は、自分だけでは思いつかない内容であることも多く、自分のキャリア形成にプラスになると思う。
良かった
転職サイトはいろいろありますが、サービス内容の独自性では、リクルートエージェントが一番だと思います。企業の社風や選考のポイントが書かれたエージェントレポートは、企業分析や応募対策に欠かせない情報を提供してくれますし、面接力向上セミナーでは、面接官を疑似体験することで、チェックポイントを理解できます。こうした老舗ならではのサービスがあるから、転職実績が追随を許さないんだと実感しています。
普通
リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは、一緒に自己分析をすることで、自分では気づかない強みを引き出してくれますし、これまでの業界や職種にこだわらない求人を紹介してくれます。ですが、キャリアアップ転職がメインのサイトなので、大手企業からベンチャーや新興企業へは転職しやすくても、職歴が浅かったり、中小企業で役職がつかずに長く働いているひとには、なかなかチャンスが巡ってこないと感じることもあります。


1.転職サイトと転職エージェントの違い

 転職活動で真っ先に思い浮かべるのがWEB上の転職サイトです。

 転職サイトは、複数のサイトを比較しながら利用することができますし、企業検索も自由の為、大変便利です。転職サイトを利用するには、まず、会員登録を行います。会員登録を行うと、サイトの非公開求人までの企業データーがみられるようになります。登録すると、求人を探している企業と条件がマッチすれば企業からメールが届きます。この、やりとりをWEB上で、求職者本人が全て行います。

 転職エージェントは、転職サイトと似たような名前なので、間違って考える方がたまには見受けられますが、サービス内容は全く異なるものです。転職サイトがWEB上で尚且つ全て一人で行うのに対して、転職エージェントは、実際に担当者と面談して転職相談を具体的に行っていく方式をとります。面談を通じて、様々なアドバイス、転職先の紹介、面接までのフォロー、最初から最後までお世話してくれるところが転職サイトとの大きな違いです。

2.自分にあった転職サイトの選び方

 「自分にあった転職サイト」は何処なのか?とりあえず、聞いたことがあるサイトを利用すればよいのか?などと考えがちです。既に、転職したい業界、職種などが、はっきりしている場合には、専門サイト若しくは、その求人が多いサイトを利用します。

 転職先よりも「労働条件」などに絞っている場合は大手の転職サイトを利用するのが賢いといえます。また、どのサイトを利用するにしても共通して言えるのが、転職サイトを運営している母体が、しっかりしているかということが重要です。


公開日:
最終更新日:2016/06/28